2015.06.15 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.02.16 Sunday

    【釣りに関すること】 2013年のこととか2014年のこととか

    0
      もう2月の半ばも過ぎましたが。

      まだ今年はまともに釣りできてないですし。

      2014年の目標をね、今更ながら立ててみようかと。

      と、その前に。

      これもまた今更ながら、2013年の釣果を振り返ってみたり。

      釣りを始めて3年目だった2013年。

      3月にカヤックを手に入れ、意気揚々としていたものの。

      大した釣果も上げられずにいたところ。

      5月。

      真鯛。



      嬉しかったなぁー。

      海上でめたくそ叫びました。   


      6月半ばまで、同じポイントで真鯛をパラパラと。







      行けば釣れるもんで、この当時は毎日へらへらしてましたねー。


      6月下旬。

      日本海まで遠征してアコウ。



      釣りたかった魚。

      釣りたての魚体はめたくそ綺麗でした。


      夏場はあまり釣りに行けず。

      9月。

      ひさしぶりの釣り。

      青山団長と一緒に行ったオフショアエギングで、シイラ爆釣w



      エギのフォール時間を待てない性格が功を奏し?沖合のジギングに向かった結果、シイラの群れに遭遇。


      11月。

      短時間勝負と決めて向かい、運良くヒラメ。



      と、ハマチ。



      初めての青物、めたくそテンション上がりました。


      12月上旬。

      熊野まで遠征。



      渋い釣果でしたが、嬉しい一匹。

      アカハタは釣りたかった魚。

      アコウもそうでしたが、釣り上げたばかりの魚体の美しさは、ほんと綺麗です。

      ほんと綺麗です。


      12月末。

      青山団長と串本へ。

      アジのノマセでマトウダイ狙いも、厳しい状況。

      そんなときに、泳がせていたアジの食われ方を見て、イカ狙いのエギングを敢行。

      活きアジを魚探にし、エギで釣るという、なんとも贅沢な釣り。



      結果、初のコウイカ、というより、初のイカをゲット。

      この日から、イカを釣りたい気持ちが日々膨らみ続けています。

      行けてませんが。


      で、今年2014年の目標をざざっと。

      デカいイカ
      イカ類ならなんでもいいけど、キロアップならアオリイカなんかな

      メジロ
      とにかく引きを味わってみたい

      スズキ
      狙ったことないので、狙ってみたい

      ホウボウ、アマダイ
      食ってみたい

      タチウオ
      そういえば釣ったことないので釣ってみたい

      てなとこでしょうか。

      人様から見れば低いハードルでも、未体験な身からすればなかなか高いハードル。

      全部クリアできるといいなぁ。

      ではぁ。
       
      2014.01.25 Saturday

      【釣りに関すること】 新艇

      0
        新艇を購入しますた。



        トライブ13.5。

        2.5人乗り。

        大人2人、子供1人。


        家族も増えましたし、ファミリー艇として。

        それ以外にも、仲間でワイワイやるのにも使いたいな、と。

        釣りメインでやるよか、レクレーショナル用に近いモデルですが。

        コストパフォーマンスの高いカヤックです。


        例えば仲間でキャンプに行って、海辺や湖畔で水遊びするのは、めちゃくちゃ楽しいだろうなーー。。

        早くこれで浮きたいなぁ。

        船名、船員募集中。
        2013.05.24 Friday

        【釣りに関すること】 鯛ラバ自作2

        0


          鯛ラバ自作編の、続きです。

          前回は針に糸を結ぶという、いたって基本的なことをしただけの記事でした。



          量産!



          鯛ラバの自作をきっかけに、初めて環付きでない針に糸を結びました。

          慣れると以外に簡単にできてしまうのですね。

          しかしまぁ、まだ魚を掛けたわけではありませんので。

          そこそこのサイズの魚が掛かったときに、初めてこの僕の結びの善し悪しがわかるんでしょうね。



          そして、買い足したのは以下のアイテム。




          あわせて1200円くらいかな。

          これとあと、針(計30本くらい)とハリスで800円で、合わせて2000円くらい。

          鯛ラバ1個で余裕で1000円超えますので、(今回錘は基本いただきものでしたが)自作は経済的に助かります。





          あ、あと錘は追加しました。

          安物の中古メタルジグです。

          会社の先輩にいただいた鯛ラバ用の錘はすべて、70グラム以上の重さでしたので。

          鹿の好むライトな釣りにも使える鯛ラバも作ろうと思い。

          ナツメ錘や丸型の中通し錘を加工するのが面倒でしたので。

          最初から目立つ装飾がされているものはないかと考え。

          安物の中古メタルジグに気がついたのです。

          水中での動きとか、使ってみねばわかりませんが。

          これでもし釣果が上がったら、乗っ込みの鯛の時期には、中古釣具コーナーからメタルジグがなくなることになるかも!?

          なんて、ありもしなさそうなことを考えるのは、好きです。

          はい。


          錘は先輩にいただいた鯛ラバ用7個はタダで、上記のメタルジグは180円。



          さて。




          スカートも自作です。

          上の写真のように、カットできる鯛ラバ用スカートのシートが売っていますので、デザインナイフで適当にカットします。

          フォルムや水中での動きなどは、気になりますが、実践がほとんどないまま追求しても仕方ないので。

          無視します。






          できました。

          個体差は気にしません。

          みんな違って、みんないい。

          みつお。



          ひげは、ビンビン玉チューニングスカート





          と、あと、なんかタックルボックスに眠ってたバス用ラバージグのヒゲをバラバラにして、流用。



          これらをグワって束ねて、100均で売ってる結束バンドで縛って、完成★

          いろいろはしょってますが、こんな感じに出来上がり♪




          中通し錘の両側面に目玉アピールしたもの。

          メタルジグをベースにしたもの。

          鯛ラバ用のシンカーで作ったもの。

          いろいろです。

          どれで釣れるかなーーーー。

          楽しみで仕方ないです♪
          2013.05.14 Tuesday

          【釣りに関すること】 鯛ラバ自作

          0
             会社の先輩に鯛釣りましたと話したら、なんでか知りませんが鯛ラバ用の錘(とメタルジグ。いずれも針なし)をいただきました。





            カラフルで、なんか並べるだけでワクワクしてきますね♪


            なので、鯛ラバを自作せねばということです。

            「鯛ラバ 自作」でグーグル検索すると、様々なブログに出会えます。

            準備するものはおおまかには

            ●スカート
            ●ヒゲ
            ●針

            のようです。

            細かくパーツは必要ですが、ここで詳細は述べません!

            気になる方は「鯛ラバ 自作」で各々検索してください★


            で、今日はまず針の準備を始めました。



            PEの10号のハリスと、真鯛針の10号。

            知識もなくなんの決め手もありませんでしたので、値段で決めました。

            管付きでない針とハリスを結ぶのは初です。

            一番覚えやすいという外掛け結びでなく、強度がよりあるという内掛け結びにしてみました。





            下が鯛ラバ用。

            上がメタルジグ用のアシストフック。

            練習用に2つ、30分ほどかけて結んでみました。

            意外とできるものなんね。

            でも、この自作フックで大物をばらした日なんかにゃぁ、悔しいだろうなぁ。




            では、また、近いうちに続編です。

            2013.04.25 Thursday

            【釣りに関すること】 魚のサイズについて

            0
              だからどうしたっていう話なんですが。

              僕は、基本的に釣った魚のサイズは計りません。

              「食べるために釣る」という目的でやっている釣りに、魚の数字での評価は必要ないと思うからです。

              29.5だろうが30.0だろうが、メガメバルだし、ポン級アイナメでいいじゃない。

              と思うんです。

              それよか、釣ってどれだけ気持ちよかったかとか、どれだけ美味しくいただけたかとか、そっちのが僕にとっては重要で。

              別にサイズを計ることがいいとか悪いとかではなく。

              僕の普段の釣りの楽しみ方には、釣った魚のサイズは関係ないかな、と考えております。

              しかしブログで記事を書いてますし、魚の大きさは必要な情報と思いますので。

              いちおう「○○くらいの××が釣れた」なんて書いてますが。

              記事内で表記している魚のサイズは、すべて目測です笑

              もしかしたら35センチの魚を40センチと言うかもしれませんし、100センチの魚を90センチと言うかもしれませんし。

              目測ですので、多分に誤差はあります。

              もちろん、ぜんぜんサイズ計らないかと言えばそうではなく。

              先日のエソワンGPのように、人との交流のために出る大会にも出ますし。

              友人と遊びで、釣った魚のサイズの競争なんかもします。

              しかしまぁ、基本的にはスケールやメジャーで計ったりはしませんので。

              あんまり、細かいことは気にせず。

              いかに釣りを楽しんでいるか、という観点でお読みいただけたらと思っています。
              Calendar
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << July 2018 >>
              PR
              Selected Entries
              Categories
              Archives
              Recent Comment
              Recommend
              Links
              Profile
              Search this site.
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered by
              30days Album
              無料ブログ作成サービス JUGEM