2015.06.15 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.07.27 Sunday

    20140720 兵庫 須磨沖 乗り合い船でジギングなど

    0
      神戸の須磨から耕栄丸さんに乗せていただき、明石海峡大橋の付近でジギングゲームをしてきました。

      きっかけはツイッター。

      たけしさんひろnさんご夫妻、けぽんさん、チャドさん達がやけに夏のサバジギングについて熱くなっていたのを見て。

      というより、夏の明石の鯖の旨さがすごい、ということで盛り上がっていてたのを見て。

      こりゃーぜひ釣って食ってみたいと思い、参加させていただきました。

      同行はさらに加えて、キビレラボラトリーの伊藤さんと、会社の後輩の伊藤くん。


      あれですね。


      ニセ伊藤とガチ伊藤です。


      自己紹介のときに小笑いがおこりましたね。

      ははは。



      出船は6時くらいだったでしょうか。


      耕栄丸さんでは左舷と右舷の希望を取って、釣り座をジャンケンで決めるらしいのですが。

      結果僕らは右舷のミヨシから七人並んでの釣り座。

      釣り座で釣果に差があったのかな?

      反対側の状況は見られなかったのでようわかりません。






      朝6時くらいに出船し、まずはサバを狙います。


      この前日より前まではサバが非常にシブい釣果が続いていたようですが。

      前日は半日で100匹近い釣果を上げたようで、期待できます。

      この日はサビキもOKということだったので、ジグサビキをセットしてフォーーーール。


      するやいなや朝一から爆釣!


      自分以外は(´_ゝ`)ハハハ


      みんな一投目からサバ釣りまくりの中で、一時間くらい鹿だけ釣れない。

      この焦燥感といったらもう。

      隣では後輩の伊藤くんがサバを締めてます。





      開始一時間くらいしてからですかね。

      何とか1尾目を釣ってからはパターンを掴み、コンスタントに追加。


      6ヒット、2バラし、4キャッチ。


      サバ釣りは写真撮ってるひまあったら早く内臓取り除いとかねばならんので。


      ブログ記事にするには味気ないですな。

      尺サイズのマルアジも一尾追加し、サバ狙いは終了。


      サバの後は青物と真鯛狙い。

      これはあかんかったです。

      なんもカスらずに時間が過ぎて行きます。


      明石の潮流の速さがね、半端じゃありませんでしたね。

      普段カヤックフィッシングをやるようなポイントでは水深30mでジグウェイトは40gくらいで十分なんですが。

      ここでは120gでも底取れんかったりするw

      カヤックなんかで漕ぎ出したら一瞬で漂流ですね。

      なめて軽めのジグを使ってたたおかげで、根掛かりでジグを7、8個ロストしましたよ(´_ゝ`)クソ


      仲間内で素晴らしかったのは、チャドさん。

      お一人でブリを筆頭にサバはもちろん、サワラやアジやキスやエソなどを釣られておりました。




      やっぱりうまい方とは歴然とした腕の差を感じますねぇ。


      昼を回って釣果も伸びず、船長さんから最後の一流しというアナウンス。


      諦めたらそこで試合終了ですよ。

      という名言を信じてシャクリシャクりシャクり。


      ゴーーーン!



      なんかきたー!


      周りの方のラインに絡ませたくないので、とにかくゴリ巻き。


      時折横に走る引き。


      なかなか最後まで粘ってあがってきたのは。





      サゴシでした♪

      初サゴシです。

      60くらいあったかなぁー。


      最後の最後に嬉しい一匹を釣ることができました(´_ゝ`)♪




      最終的に船全体18名でサバは90〜100匹くらい釣れていたようですが、中には10匹以上釣られているかたも。

      船長さんも親切なかたで、終わったあとに奥様から差し出される冷たいおしぼりも嬉しい。

      最後には船長さん自ら魚を締めてくれるようです(サバとタチウオ以外)



      最近ずっと覚えたいと思っていた神経締めも生で見せていただきました。


      また乗りたいなーと思える船です。

      同行のみなさんとは、また秋に耕栄丸さんでご一緒するお約束をしました★
      2013.07.24 Wednesday

      大阪 泉南 カヤックフィッシング 20130722

      0
        こっそり行ってました。

        鬼アジやならんやらの声が聞こえてくる泉南で、短時間ゲームです。

         鯛は渋いみたいなので、メタルジグだけで攻めましたよ。


        水深20くらいから探り出して、潮目のポイントで。

        けっこう重ための何かがかかった!

        重い!

        あんまり引かない




        30ないくらいのカサゴでしたぁ。

        たぶんカサゴの自己記録。

        陸からの釣果だったらかなりテンションは上がっていたと思うんですが。。。

        ま、美味しくいただきましたがww


        あ、ベイトの写真もいちおう。




        見えるかな。

        口の上の方に7センチくらいのなんかの稚魚。

        イワシなんかなぁ。



        このカサゴを釣るちょっと前から、潮位予測の一番潮が動く時間になり、ポケット魚探にひっきりなしに生命反応が出てきました。


        フォール中に気持ちのいいアタリが!

        表層近くまで難なく浮かせてくると、青物系。

        てか、サバ!





        わりかしいいサイズだったのでネットでランディングしよう思ったら、けっこう最後まで暴れてくれて手こずりました。

        経験値が足りんですね。

        最後の方めちゃくちゃ走られまくっててんやわんやでした。


        すかさず次の魚は。



        フグ。

        これもおおきかったんですがねー、捌けないし、リリースしましたよ。



        で。

        この日は潮の流れがめちゃくちゃに速く。

        上の一連のあーだこーだをしていたら、あっという間に潮に流されまして。

        焦って、漕ぎ直したりしているうちに時合いは終了。

        粘ってみましたが、小サバを一匹追加したのみでしたぁ。







        数は少なかったですが、30手前のカサゴと40近いサバ。





        晩酌には最高でした★






        Calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM