2015.06.15 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.01.01 Wednesday

    20131230 和歌山串本 ゴムボートでノマセ釣り

    0
      新年明けましておめでとうございます。

      旧年中は大変お世話になった方も、そうでない方も、本年もどうぞよろしくお願いします。


      と、新年のご挨拶をさせていただきましたが。

      記事としては年末の釣行のことです。

      大晦日も目の前に迫る12月30日、青山団長と南紀は串本へオフショアゲームに行ってきました♪

      予定を立てたのは11月の初旬くらいだったでしょうかね。

      年末に串本へマトウダイを狙いに行きましょう、とお誘いをいただきまして。

      それからはもう、この釣行が楽しみで楽しみで。

      通勤中の電車で夢に見るほどでしたw


      初のノマセ釣りということで、事前にいろいろと青山さんには教えていただき、いざ本番。

      夜12時半に橋本の自宅を出発。

      和歌山市の釣具店、マルニシのインター店を経由して、青山さんと待ち合わせの紀伊田辺へ。

      そのマルニシでですが、ふらふらと店内を物色していたところ、見覚えのある方に挨拶され。

      急に声をかけられたもんでびくっりして「!??」と絶句してたら、かじやんさんでした!

      どうやら本日、同じ場所から出船されるみたいです。

      ひでさんと一緒に青物狙いのよう。

      釣りをするポイントは違うようですが、沖合いが荒れたらこちらが予定している湾内のポイントで一緒になるかも、ということ。

      楽しみですねー。


       朝4時前に青山さんと合流し、車に乗せてもらいいざ串本へ。

      車中ではやはりほとんどが釣りの話。

      産まれも育ちも歳も違っても、釣りを通じて本当にいろんな楽しい方々と出会えてます。

      感謝。

      ケラケラ笑いながら、あっという間に串本です。


      あ、途中でテンヤ用のエビを1パック確保。

      串本のアジ屋さんで活きアジを15尾購入で、1尾おまけしてもらって16尾でこの日は臨みます。

      1尾100円。

      14〜5センチくらいのアジ。

      アジングするときはこれくらいのアジを釣って喜んでるのに、釣りが変わればエサとして安値で買ってエサにしますからねぇ。

      おかしなもんです。


      さてさて。

      夜明け前に出艇ポイントの漁港に入り、青山さんのゼファーボート「イケメン丸」(釣行日は入食い丸という名前だったはずが、後日確認したら変わりましたw)を組み立てます。

      なんとこの日が記念すべきイケメン丸の処女航海の日。

      ぜひその名前にふさわしい釣果にしたいですねー。


      日も明るくなってきた頃に、かじやんさんとひでさんにご挨拶。

      チャイさんとの写真撮っていただきました★



      この日はチャイさんは車で留守番です。

      水はまだまだ冷たくはないですが、濡れた身体に風が当たるとめちゃくちゃ寒いですからね。


      朝7時、出船。

      なんと!

      出船時にスロープで、青山さん自作のドーリーが殉職しました。。。



      かかる荷重に対して、高さがありすぎたようです。

      回収されたドーリーからは若干の悲壮感。。

      次の釣行までに修正が間に合うといいですねー。


      先に出たエレキボートのぼくたちを、エンジンボートのかじやんさんたちがあっという間に追い抜いていきます。



      それにしても、朝焼けの出船はいつだって気持ちがいいですわぁ。


      20分ほど走り、マトウダイの実績ポイントへ。

      磯場の岸から目と鼻の先のポイントなんですが、水深はかなり深いよう。

      おそらく30〜40メーターくらいはありそうな。


      活きアジを投入し、ノマセ釣りスタート!

      底を取って少し浮かせて、あとは待つ。

      そのうち竿先が一気にひん曲がって海中に突き刺さるそうです。

      そんなシーン見早く見てぇ。

      って思いながら、テンヤ用のタックルを準備していると、ノマセのほうのロッドの竿先が海中に突き刺さってる!!

      すかさずアワセ入れましたが、空振り。

      なんだったんだろ。

      でも、わくわくします。


      ファーストフィッシュは、テンヤの1投目に来たオコゼ。



      最初カサゴかと思って掴もうとして、危なかったです。

      リリースし、2投目。

      またなんか来た!

      さっきのオコゼよりはいい引きだ!

      ってやっていたら、ノマセのロッドにもアタリが!

       
      やべーやべーと青山さんにノマセのほうをお任せしたら、突然、どちらの仕掛けも寝がかり。。。

      でもたまに下へ引く魚信は感じられる。

      2人で「?????」となっていましたが、結局、どちらもロストしましたぁ。

      たしかにヒットしていた魚のやりとり中に、他の仕掛けも巻き込んでの石化け。。。

      かかった魚とノマセのアジをどっちも、めたくそでかい何かに取られて根に潜られたか。

      かかった魚がノマセの仕掛けを巻き込んで、ブイを係留しているロープか何かに引っかかったか。

      まぁ、後者でしょうかね。

      でもいったい何がどうなったのか、気になります。


      リーダーを組みなおしていると、隣の青山さんのノマセにアタリが!!

      けっこう竿先を引き込まれて います!

      期待の1匹目、あがってきたのは。。。







      どーん!!

      ビッグサイズのオコゼ!!

      この魚、かなり美味しいようです。

      このサイズは羨ましいーー。

      かなり気合が入ります。


      しかーし。

      この後はたまに魚信はおるものの、乗り切らず。

      漁港のかたもおっしゃっていましたが、今年はマトウダイの釣果はいまひとつのよう。

      こまめにポイントを移動しながら探りますが、うんともすんとも言わず。

      刻々と時間が過ぎていきます。


      途中、かじやんさんたちが様子を見に来られましたが、青物のほうもいまひとつのよう。



      再び沖合いに出て行くドリーマー。

      青物追ってるのはなんか、夢がありますね。

      かっこいい。

       
      あと、青山さんのお知り合いのペンタゴンさんという方も別でボートで出られていて、海上にてご挨拶。

      この日はカワハギ狙いのようです。



      朝マズメも終わったころ、青山さんがエギングを始めました。

      ノマセのアジの食われかたから、イカのいることを察知されたよう。

      すると。。。

      イカがヒット!!

      けっこうグイグイ引いているようです。

      表層近くまで浮かせてから取り込みまでの様子はムービー撮ったんですが。

      ブログへアップロード方法がわからない。。

      釣れたのは、グッドサイズのコウイカ★

      イカの噴射、ゴムボの高さで取り込みをしようとすると脅威ですねw

      青山さんは「ガンシャ!ガンシャ!」言ってたんですが。

      動画をアップして、度重なるガンシャ発言で青山さんの爽やかイケメンのイメージを崩さすことはなかったので、安心です。


      さてさて。

      これに続けと意気込みますが、反応はいまいち。

      腹が減ったので、お湯を沸かしてカップラーメンと、大山ハムの焼き豚をホットサンドクッカーで焼きます。



      うまし。


       昼くらいまでは魚の反応はなし。

      予想に反して風も強くなってきて、ペンタゴンさんからのカワハギ情報もあり、湾奥へと逃げるように移動してきます。


      そして。

      あるポイントでアジを泳がせてみると。

      鹿のロッドも青山さんのロッドもすぐに何かに引き込まれるアタリが!!

       アワセを入れるも、まったく乗らない。

      青山さんのアジには、背中の頭のほうにはあからさまにイカにかじられたあとが。

      ここで青山さんは、イカにも対応したノマセ仕掛けを投入。

      鹿は、青山さんにお借りした重めのエギでボトムを探る。

      すると、ボートのすぐ足元のボトムでイカがヒット!!

      メバリング用ロッドでしたので、竿がひん曲がります笑

      これまでほぼボーズだったので、良型の気配にテンションぶちあがり。


      でも。。。

      上げてくる途中でふっとテンションが抜け、ばらし。。。

      テンションだだ下がり。。。

      でもめげずにボトム取っていると。

      数投後に、再びヒット!!

      今度はしっかりとキャッチ★



      さきほどの青山さんに引き続き、コウイカゲット!

      鹿、初のイカです。

      めっちゃ嬉しいです。

      エギでイカが釣れるとか、都市伝説だと聞いていたし、信じていました。


      ここから怒涛のラッシュ。

      数投ごとに、ボトムに5秒以上ステイさせたエギにヒット。




      しかししかし。

      なぜか、めちゃくちゃバレる。

      途中まで中層まで浮かせてきて、テンションも抜かずにリーリングしているのに、めちゃくちゃバレる。

      結果、細めに移動しながら、10ヒット7バラし3キャッチ。

      へたくそですねぇ。



      エギのカンナには、イカの身切れてバラしまくったあとがびっしり。

      なんでしょうね。

      しっかり乗った感じで巻いてきても、ふっと抜けるんです。

      ロッドの角度とかドラグの調整とか、最後のほうにはなんとなく感じは掴めましたが。

      10匹全部獲っていたらと思うと悔しいですね。


      あと、このラッシュ時、お隣の青山さんにはヒットほとんどなし。

      これはエギの色の問題でしょうか。。

      青山さんの1匹目も、そのあとの僕のラッシュも、すべて同じエギにしか反応しませんでした。

      アタリエギをお借りしてしまって申し訳なかったです。。


      途中でカワハギ仕掛けに変えた青山さんには、オジサンがヒット。



      初めて見ましたよ。

      かわいい。


      結局、2時くらいまで粘って、最終的には2人でコウイカ4ハイとランカーオコゼ1匹、その他小物がポツポツ。

      釣果だけ見るとぱっとしませんが、内容的にはすんごく面白かったです。

      特にコウイカのラッシュ時、エギの回収中に大き目のコウイカがエギを追って表層近くまでチェイス。

      目の前にいる血気盛んなイカをどうにかフックさせようと四苦八苦します。

      2分くらいの格闘の末、ようやく乗った!

      と思ったら、すぐにバラし。

      かなりがっつりフッキングしたように見えても、意外と浅いんですね。

      イカにエギをどういうふうに抱かせればいいか、ちょっとだけヒントになった気がします。

      しらんけど。


      漁港に戻って、ひでさんが先にもどられていましたので、写真撮ってもらいました♪



      初イカに大満足です。

      本命のマトウダイは釣れませんでしたが、すんごく楽しい釣りでしたよ♪
       
      お誘いいただいた青山さんには大感謝。

      今年もよろしくお願いします♪
      Calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recommend
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM