<< 【釣りに関すること】 手作り 210円ルアーケース | main | 和歌山 煙樹ヶ浜 エソワンGP前日カヤックフィッシング 20130413 >>
2015.06.15 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2013.04.10 Wednesday

    和歌山 磯ノ浦 バナナフィッシュ号デビュー戦 20130408

    0
      ついにこの日がきました。





      わが家に嫁いでから1ヶ月、一体いつ水に浮かぶことになることかと思っていましたが、ようやくバナナフィッシュ号の進水式をとり行いました。

      場所は、和歌山県磯ノ浦海水浴場のサーフ。

      実は、本当は大阪府に入ったところの大川漁港付近で浮かぶつもりだったのですが。

      朝早く現場に到着し、出廷場所を探していると。

      遠くから地元のおばちゃんがらしき人がかけよってきて。

      ここいらでは漁協の方々と私艇を出す方々とが揉めたことが経緯となり、プライベートでの出船ができなくなったそう。

      駐車違反だとか、漁の妨げになるだとか、様々な要因があるのでしょうが、残念なお話で。

      で、完全に出鼻をくじかれたところで、大川漁港からすぐに移動できる場所で船を出せると思ったのが、磯ノ浦海水浴場。

      ここでは昨年の秋にもカヤックを出したことがあり、知っている分だけ安心なこともありました。





      さぁさぁ朝7時、出船です。





      相棒のチャイさんも、今回シーカヤックのデビュー戦です。

      緊張した面持ち。

      いえ、非常に気だるそうな面持ちです。


      狙いたかったのはのっこみの真鯛。

      当初行く予定だった大川漁港から行けるポイントでは、一級真鯛ポイントをリサーチしていたのですが。

      磯ノ浦ではまったくのノープラン。

      まったくのノーアイディア。

      とりあえず船出してみて、なんとなく沖に漕いでみて、なんとなくやってみることに。





      しかしまぁ、釣れませんよね。

      鯛ラバを落としては巻き落としては巻きと繰り返すものの、当たりすらなく、唯一の生命反応は、アメフラシのみ。



      あ、この時はアメフラシという生き物と知らず、後に青山さんなどTwitterのフォロワーさんらから教えていただきました。

      頑張って漕いで、目測1500kmくらいまで沖に出てみましたが、ぜんぜんよくなかったので。






      とりあえず磯ノ浦の西の防波堤の付近の、根の荒い場所で小物狙いに変更。

      タックルは鯛ラバからメバリング用のソフトワームメインにチェンジ。

      したっけ、まぁよくベラが釣れること。







      チャイさん舌なめずり。


      たまにカサゴが混じりながら。




      いつものおかっぱりからの釣果と遜色ない結果を出していました。


      またまたアメフラシさんをゲストに迎えたり。




      またベラ。




      ピッピンミノー大活躍。


      なかなかそううまくいかないもんだなぁと、サーフの方へ帰ろうと漕いでいると。





      写真ではわかりずらいですが、何万匹(もしかしたら何十万匹)の稚魚が湧いていました。

      なんだろう。

      稚鮎かなぁ。

      10センチないくらいの綺麗な青色の魚体が、どえらい数の群れで海水浴場の浅瀬を泳ぎ回っていました。

      これ、陸からではまず見れない光景と思います。

      漁船でも難しいと思います。

      カヤックだからこそ、魚に違和感与えずに、海にすごく近い場所まで接近できるんでしょう、たぶん。

      2時間以上そこにいましたが、稚魚の大群はずっとそこいらじゅうを泳ぎ回っていました。

      で、もちろんベイトフィッシュがいるってもんで、似たルアーをキャストしてみました。


      結果、中層から上でシーバスらしいアタリで1バラシ1バイト。

      バラシはなかなかの引きでしたよ。

      逃がした魚はどうしても大きくなってしまうのですよ。


      ボトム付近では。



      来たーーーエソ!!!!

      今週末(2013/4/13)に控えたエソワンGPに向け、調子上向きです。

      エソを狙うポイントはやはり「ボトム」で「派手系ルアー」のようです。


      とまぁそんな感じのデビュー戦を飾ったバナナフィッシュ号でした。

      気づけば、出船の朝7時から夕方4時まで9時間も漕ぎ続け。

      鹿の顔面はありえないほど真っ赤に焼けておりました。

      日焼け止めマストです。


      さぁさぁ。

      今週末もエソワンGP前日の土曜日は、会場周辺でバナナフィッシュ号を出す予定です。

      来週の記事はカヤックフィッシングとエソワンGPの二本立てになることでしょう。

      しらんけど。
      2015.06.15 Monday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM