<< 2014 夏、お盆 紀東 カヤックフィッシング 2 | main | 20150315 熊野 カヤックフィッシング >>
2015.06.15 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.09.02 Tuesday

    2014夏、お盆 紀東 カヤックフィッシング 3

    0
      お盆の紀東遠征。


      いかじさんとりょーすけさんとカヤックフィッシングをした日の午後。

      昼過ぎに移動して、また翌日にかけて焚き火キャンプとカヤックフィッシング。


      鹿の会社の先輩で、神奈川に住んでいるサネッティさんがご家族で鳥羽まで来られるということで、キャンプをご一緒させてもらいました。

      サネッティさんとは2011年の震災時に支援のボランティアで繋がりがあったのですが。

      このボランティアで、これまたご一緒だったYさんが、お仲間さんを連れて来られるということで、けっこうな大所帯に。


      キャンプ場は、紀伊長島の古里海外キャンプ場。

      水場、シャワー、トイレがあり1サイト一泊4000円というお値段。

      普段はキャンプ場でのキャンプはしないので、高いのか安いのかわかりません(´_ゝ`)


      で、キャンプ場に着くやいなや。

      先に来ていたYさんに誘われ、サネッティさんとともに銚子川へ川遊びに。


      これが、すごくよかった!

      これまで見た川の中で、水が一番綺麗な川でした。




      写真で見るよりも、実際に見た透明度は抜群によかった!

      川の中全部が見えるくらいと言ってもいいくらいの透明感。

      本当に感激しましたよ。




      お盆期間ということで、川辺にはえらーーいたくさんの人で混雑していましたが。

      それを差し置いても満足しか残らないような川でした。


      絶対にまた遊びに行きます。



      ほんで、この日は夕方にキャンプ場に戻り、夜はまたーり。

      朝に釣ったアカハタやカサゴなどを調理して食べます。

      おつかれのチャイさんは、ぼくのイスにとぐろを巻いて寝始めてしまいましたわ。






      翌日、寝坊して5時起床。。

      目の前のビーチからカヤックを漕ぎ出したのは、6時前。


      初めての場所だったので、地質やベイトの濃さなど未知数なことばかりでしたが。


      起伏がなくただ広がる砂浜でしたが、魚探の反応が目まぐるしい!

      えらい数のベイト、おそらくイワシかな?が湧いてました。

      ぼくは自作のインチクをキャストしていると、何連続かわからないくらいのエソwの連発(´_ゝ`)ハハハ


      もういいわ!思っていたら。



      ドーーーーン!


      という感じでルアーを持っていかれました。


      よっしゃー!!なんだ!?


      巻く手にはずっしりとした重み。



      ずっしりとした重み。



      ときおり、


      ビクンビクン!!

      と、うねるような生命感。



      そして、ずっしりとした重み。



      あんま引かん(´・ω・`)



      ずっしりとした重みとともに水面に表れたのは。



      驚くほど巨大な、エソ。


      とにかく驚いた。





      上からじゃあんま伝わらん。。


      遠目に撮ってもらうと。






      巨エソ(´_ゝ`)





      こんなサイズのエソいるとは思ってなかったので、えらい衝撃的でしたわ。

      手で計測して、だいたい70後半くらい。

      「調理めんどうだな」思ってキープするかちょっと迷っていた瞬間に、フィッシュグリップを振り切って逃げていきました。

      ちなみに、日本記録のエソは81センチだそうな。

      キープしてちゃんと計測しても面白かったかもしれませんね(´_ゝ`)



      さて。

      エソしか釣れない鹿を尻目に、サネッティさんは着実に釣果を伸ばしていました。

      オオモンハタや、ホウボウなどをコンスタントに釣り上げ。

      さらには。




      いいサイズのマゴチまで。

      うらやま(´_ゝ`)


      後でお刺身でいただきましたが、絶品でしたよ♪


      鹿はエソのあとは時合いも過ぎたのか、サバのみ。




      美味しい魚で嬉しいですが、もう少しいろいろ釣りたかったな。



      遊びすぎ飲みすぎ、さらには寝不足が続く状態で、また早朝から5時間もカヤックに乗ってますとね、船酔いします。


      最後には船酔いでもうどうしようもなくなり、必死の思いで岸を目指します。

      途中で、豪快なアウトリガーカヌーに乗ったYさんグループとすれ違ったのでパチリ。




      こっちは吐きそうなくらい気持ち悪い中、最高の笑顔ありがとうございます(´_ゝ`)ハハハ


      ぜぇぜぇ言いながら、ときおり嗚咽を漏らしながらなんとか岸に漕ぎ戻り。

      あとは夕方まで回復に努める以外は何もできませんでした。





      夕方、サネッティさんのお子さんと一緒に防波堤へ。

      ぼくは2投連続で根掛かりロストで完全に意気消沈している側で、釣ってくれました。



      マハタかな思ったけど、どうやらキジハタみたい。

      たぶん。

      えぇなぁ。

      少年にとって、嬉しい一匹になったと思います♪


      豪快にやってきたYさんご一行は、これまた豪快にお帰りになり。





      海は穏やか。




      船酔いは少しずつよくなり、あとには疲労感と楽しい思い出が残りました。


      夕飯までサネッティさん一家とご一緒させてもらい。




      夜道をゆっくり橋本の自宅まで帰りましたよ。


      数日間遊び倒した結果。

      この翌週は疲労がたまりすぎてほとんど木偶のように暮らしました(´_ゝ`)

      まぁ、めちゃくちゃ楽しかったからオーケー!

      ぴんさん、たけCさん、いかじさん、りょーすけさん、サネッティさん、Yさん、皆さん遊んでくれてありがとうございました★
      2015.06.15 Monday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM