2015.06.15 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.09.02 Tuesday

    2014夏、お盆 紀東 カヤックフィッシング 3

    0
      お盆の紀東遠征。


      いかじさんとりょーすけさんとカヤックフィッシングをした日の午後。

      昼過ぎに移動して、また翌日にかけて焚き火キャンプとカヤックフィッシング。


      鹿の会社の先輩で、神奈川に住んでいるサネッティさんがご家族で鳥羽まで来られるということで、キャンプをご一緒させてもらいました。

      サネッティさんとは2011年の震災時に支援のボランティアで繋がりがあったのですが。

      このボランティアで、これまたご一緒だったYさんが、お仲間さんを連れて来られるということで、けっこうな大所帯に。


      キャンプ場は、紀伊長島の古里海外キャンプ場。

      水場、シャワー、トイレがあり1サイト一泊4000円というお値段。

      普段はキャンプ場でのキャンプはしないので、高いのか安いのかわかりません(´_ゝ`)


      で、キャンプ場に着くやいなや。

      先に来ていたYさんに誘われ、サネッティさんとともに銚子川へ川遊びに。


      これが、すごくよかった!

      これまで見た川の中で、水が一番綺麗な川でした。




      写真で見るよりも、実際に見た透明度は抜群によかった!

      川の中全部が見えるくらいと言ってもいいくらいの透明感。

      本当に感激しましたよ。




      お盆期間ということで、川辺にはえらーーいたくさんの人で混雑していましたが。

      それを差し置いても満足しか残らないような川でした。


      絶対にまた遊びに行きます。



      ほんで、この日は夕方にキャンプ場に戻り、夜はまたーり。

      朝に釣ったアカハタやカサゴなどを調理して食べます。

      おつかれのチャイさんは、ぼくのイスにとぐろを巻いて寝始めてしまいましたわ。






      翌日、寝坊して5時起床。。

      目の前のビーチからカヤックを漕ぎ出したのは、6時前。


      初めての場所だったので、地質やベイトの濃さなど未知数なことばかりでしたが。


      起伏がなくただ広がる砂浜でしたが、魚探の反応が目まぐるしい!

      えらい数のベイト、おそらくイワシかな?が湧いてました。

      ぼくは自作のインチクをキャストしていると、何連続かわからないくらいのエソwの連発(´_ゝ`)ハハハ


      もういいわ!思っていたら。



      ドーーーーン!


      という感じでルアーを持っていかれました。


      よっしゃー!!なんだ!?


      巻く手にはずっしりとした重み。



      ずっしりとした重み。



      ときおり、


      ビクンビクン!!

      と、うねるような生命感。



      そして、ずっしりとした重み。



      あんま引かん(´・ω・`)



      ずっしりとした重みとともに水面に表れたのは。



      驚くほど巨大な、エソ。


      とにかく驚いた。





      上からじゃあんま伝わらん。。


      遠目に撮ってもらうと。






      巨エソ(´_ゝ`)





      こんなサイズのエソいるとは思ってなかったので、えらい衝撃的でしたわ。

      手で計測して、だいたい70後半くらい。

      「調理めんどうだな」思ってキープするかちょっと迷っていた瞬間に、フィッシュグリップを振り切って逃げていきました。

      ちなみに、日本記録のエソは81センチだそうな。

      キープしてちゃんと計測しても面白かったかもしれませんね(´_ゝ`)



      さて。

      エソしか釣れない鹿を尻目に、サネッティさんは着実に釣果を伸ばしていました。

      オオモンハタや、ホウボウなどをコンスタントに釣り上げ。

      さらには。




      いいサイズのマゴチまで。

      うらやま(´_ゝ`)


      後でお刺身でいただきましたが、絶品でしたよ♪


      鹿はエソのあとは時合いも過ぎたのか、サバのみ。




      美味しい魚で嬉しいですが、もう少しいろいろ釣りたかったな。



      遊びすぎ飲みすぎ、さらには寝不足が続く状態で、また早朝から5時間もカヤックに乗ってますとね、船酔いします。


      最後には船酔いでもうどうしようもなくなり、必死の思いで岸を目指します。

      途中で、豪快なアウトリガーカヌーに乗ったYさんグループとすれ違ったのでパチリ。




      こっちは吐きそうなくらい気持ち悪い中、最高の笑顔ありがとうございます(´_ゝ`)ハハハ


      ぜぇぜぇ言いながら、ときおり嗚咽を漏らしながらなんとか岸に漕ぎ戻り。

      あとは夕方まで回復に努める以外は何もできませんでした。





      夕方、サネッティさんのお子さんと一緒に防波堤へ。

      ぼくは2投連続で根掛かりロストで完全に意気消沈している側で、釣ってくれました。



      マハタかな思ったけど、どうやらキジハタみたい。

      たぶん。

      えぇなぁ。

      少年にとって、嬉しい一匹になったと思います♪


      豪快にやってきたYさんご一行は、これまた豪快にお帰りになり。





      海は穏やか。




      船酔いは少しずつよくなり、あとには疲労感と楽しい思い出が残りました。


      夕飯までサネッティさん一家とご一緒させてもらい。




      夜道をゆっくり橋本の自宅まで帰りましたよ。


      数日間遊び倒した結果。

      この翌週は疲労がたまりすぎてほとんど木偶のように暮らしました(´_ゝ`)

      まぁ、めちゃくちゃ楽しかったからオーケー!

      ぴんさん、たけCさん、いかじさん、りょーすけさん、サネッティさん、Yさん、皆さん遊んでくれてありがとうございました★
      2014.08.26 Tuesday

      2014 夏、お盆 紀東 カヤックフィッシング 2

      0
        お盆の紀東方面への釣行の続きです。

        前回のぴんさん、たけCさんとのカヤックフィッシングに引き続き。

        お次はいかじさんと初顔合わせのりょーすけさんと同行。

        しかーし。

        いざ海上に出てみると、うねりが非常にきつく。。 

        近くにいるはずの2人のカヤックも、うねりで常に見え隠れするほど。




        写真だとたいした波には見えませんが。

        とてもではないけど、釣りにはならない感じ。

        すぐに船酔いし、一旦戻ります。


        岸に戻って、酔いをさまし、波が穏やかになるのを待ちます。





        しばらくし、遠目にうねりが弱まったように見えたので再出船。


        しかーし。


        相変わらずのうねり。


        ぼくはなんとか耐え切れましたが、2人は無念にも再度の船酔い。。

        なかなか、カヤックフィッシングの経験の浅い方にとっては、慣れない中でさらに海況もよくない状況では厳しかったかもしれません。

        楽しんでいただきたかったのですが、残念。


        僕のほうの釣果というと。





        アカハタと、写真はありませんがカサゴの二匹のみ。

        ちなみにアカハタには寄生虫のイカリムシが着いてますね。

        食ったけど(´_ゝ`)


        陸っぱりの釣りとは違って、ヒューマンプレッシャーがないのがカヤックフィッシングの利点と思っていましたが。

        陸っぱりの釣りでは大して問題にならないようなくらいのうねりでも、カヤックフィッシングでは釣りにならなくなってしまうんですね。

        海況を見て釣り方を考えねばな、と思いました。



        さてここで。


        捏造写真のご紹介です。


        まずは魚のサイズが小さく見えるほう。




        これをですね、ずーーんと前に構えて撮りますと。





        こうなります。


        明らかに違うサイズの魚の写真に見えますね。


        大きい魚を小さく見せるのも大変です(´_ゝ`)ハハハ


        最後は一部の釣り人の間では有名な、名物「撃沈定食」で締めて、いかじさん、りょーすけさんおつかれさまでした。


        お盆の釣行は次回へ続きます。


        ではぁ。
        2014.08.20 Wednesday

        2014 夏、お盆 紀東 カヤックフィッシング

        0
          お盆。

          嫁さんと子どもが帰省をしていたので。

          1人でゆったりと紀東方面まで。

          いろんな方とコラボレーションしてきましたよ。

          まずは、ぴんさんとたけCさんとご一緒してのカヤックフィッシング。

          紀東の磯場からの出船で、ハタ系を狙います。


          当日の早朝は、霧が濃くて視界が悪く。

          さらには雷も鳴って雨もぱらつき、カヤックを出せるのか微妙な天気。


          空の様子を伺いながら、雷がおさまってから出船。



          それでも雨はしばらく降り続き。

          二時間くらい雨に打たれていたら、身体が芯から冷えてきましたよ。

          近くでは、ぴんさんもたけCさんも良型のハタやメバルを釣り上げ、楽しそう(´・ω・`)


          鹿はぜんぜん釣れやんで、身体が冷えるばかり。

          どうやらある決まったラインに、海底にスリットが入っていたようで。

          そこを流していたお2人はガンガン釣りますが。

          ちょっと離れていて僕はアタリもほとんどありません。

          ポイントの選定はすごくシビアにやらないとダメですねぇー。


          痺れを切らし、1人うねりの高い外洋へ漕ぎ出しました。

          水深は35〜40メートルくらい。

          80gのペナジグにジグサビキ付きでゆったり誘っていると。

          開始後3時間、ようやく待望のヒット。


          なかなか重みのある引き。

          わくわくしながら巻いてくると。


          浮いてきた綺麗な魚体は。




          初のホウボウ★

          今年の目標の魚、ようやく1匹目をゲットしました(´_ゝ`)♪


          そこから地磯に向かってかけ上がりを攻めていると、浅場で。




          リリースサイズのアカハタ。

          相変わらず綺麗な魚体です。

          もう1匹同じようなリリースサイズのアカハタを釣ってから。

          ネチネチと底付近を攻めていると。



          まぁまぁなメバル。

          美味しそう♪


          実釣5時間ほどで、釣果はこれだけ(´_ゝ`)


          ちょっと渋かったですねぇ。

          天気はだんだんと回復し、あがる時間にはすっかりと夏の日差しになってました。

          冷えた身体も暖まって回復。


          3人合わせてまずまずな釣果となりましたぁ。



          大きなアカハタとオオモンハタと、あとホウボウはは35アップくらい?かな。

          メバルは尺ありました。

          あと、ぴんさんがジグでスルメイカをつってましたw

          その他、メバルやカサゴ、カマスをぽろぽろと。

          もうちょっとガツンとした釣果が欲しかったですが。

          お2人には初めてのカヤックフィッシングを満喫していただけたようで、よかったです(´_ゝ`)♪

          是非またご一緒しましょうー!


          お盆の釣行は次回へ続きます。

          ではぁ。
          2014.08.04 Monday

          20140726-27 カヤックフィッシング&焚き火キャンプ 3

          0
            気持ちよく寝落ちして翌朝、4時に起きてカヤックフィッシングの準備をゴソゴソと始めます。

            そうそう、前の晩にひでおくんがココちゃんを連れてきてくれました。




            で、キャンプ2日目の朝はひでおくんと一緒にカヤックで出船。


            前の日に真鯛を釣ったポイントあたりを攻めます。




            が、まぁ、相変わらずのカマス祭り。

            まともに写真を撮る気もない(´_ゝ`)ハハハ


            スロー系ジギングではカマスばっかりなので。

            また自作インチクにチェンジ。


            ポイントは、水深20mくらいの岩礁帯ですが、一部だけシモリがあるのか15mくらいまでかけ上がりがあるポイント。

            岸に向かってキャストして。

            5mくらい巻いてフォール、底取り。

            を繰り返していると。

            竿が一気に絞り込まれました。

            感じとしては「重っ!!」っていう感触。

            とにかく底から剥がすために一気にゴリ巻きしますが、とにかく重い。

            そしてたまに、一気に引きこまれる。



            大物です。



            たぶん、顔はニタニタ笑ってましたね。


            PE1.2号にリーダーはフロロ5号。

            ドラグは緩めず、でも無理をせず。


            2分くらいのやりとりの後、水面に浮かんできたのは、ヒラメ。


            でかっ!!


            って叫びました(´_ゝ`)


            ランディングしようにも、タモに入らない。。

            あんまり長引かせてフックアウトもするのも嫌だったので、ルアーを持って引っこ抜きました。





            近すぎてよう撮れんw



            こんなんです。




            うぉぉーー!!


            って叫びました(´_ゝ`)ハハハ


            めっちゃくちゃ嬉しい一匹。

            アドレナレリン大放出。


            いやーーー。

            自作インチク、なかなかやります。


            カヤックでは大物のランディングにはギャフがあればいいなぁ。




            もうこれで大満足ですが、引き続き続けますと。



            グッドサイズのカサゴ。

            いいお土産。


            今度はスロー系ジグで。

            ゆったり誘ったていると。

            底から5mくらいのところでフォール中に、ガツガツッとしたアタリ。

            しっかりアワセると、なかなかトルクのある引き!


            なんだなんだ?

            と上がってきたのは。




            メバル!

            しかも、尺ありました♪

            初の尺メバルは意外なところであっさりと釣れました(´_ゝ`)ハハハ

            かなり嬉しいんですが、さっきのヒラメの後だとどしてもインパクトが薄れてしまう。。


            いやー。

            文句のない釣果ですな。

            2時間も釣りしてませんが、片付けのことを考えて早上がりする余裕★


            結果、途中で参戦した会社の先輩の釣ったメバルとアカハタも合わせてこんな感じ。



            大漁ではないけれど、いい魚ばっかりです。

            満足。

            ひでおくんもカサゴとメバルを釣っていたよう。(メバルとアカハタだったかな?)




            あ、ココちゃんもカヤックデビュー。

            かわえぇ(´_ゝ`)



            前日の朝からの釣果は

            真鯛40アップ 1匹
            アカハタ35アップ 1匹、20後半 1匹
            ヒラメ60後半 1匹
            カサゴ20後半 1匹
            メバル30アップ 1匹
            カマス〜20cmくらい 無数

            爆釣とまではいかないものの、えぇ魚釣らせてもらいました!

            海に感謝!



            仲間とのキャンプに、自分で釣った魚を振る舞えるのも嬉しいし。

            いい週末でした。

            では。

            2014.08.01 Friday

            20140726-27 カヤックフィッシング&焚き火キャンプ 2

            0
              キャンプ初日、朝一のカヤックフィッシングを終えて。

              釣った真鯛を洗いにしてお刺身でいただきましたが。

              激ウマ。

              冷水にさらしたら、身の脂で水に膜が張ったくらい、真鯛に脂が乗っていましたから。

              みんなでウハウハ食べました(´_ゝ`)


              ビールを飲んで、またーりとした時間を過ごします。










              チャイさんもおつかれのようで、臭いサンダルを枕にしてスヤスヤ寝ています。





              すっかり酔ってお昼寝をしていたら、誰かお客さんが来て。

              かなーーり寝ぼけながら会話をします。

              どうやらこの公園を紹介してくれたぴんさんが、AtsuさんとKDMさんと一緒に様子を見にきてくれたようですが。

              寝起きで頭がまったく回らず、ほとんど何を話したか覚えてません(´_ゝ`)サーセン

              ちゃんとお礼を言いたかった。



              お昼ご飯はソーメン。





              僕らのキャンプの定番メニューです。

              野外で汗かきながらビール飲みながらたべるソーメンは、ハンパなく旨いです。






              お昼はだらだらと過ごし。

              酔いを醒まして夕方からまた少し釣りに出ます。

              朝ですでに気持ちよい釣果をあげてますので、気持ちは余裕があります。

              アタリは少ないながら、スローに誘っていると。



              またもやアカハター!

              でっぷりしていて美味しそう(´_ゝ`)♪

              これはカヤックの道具を借りている会社の先輩へのお土産用にしました。


              午後の目立った釣果はこれくらいで、あとはジグサビキにカマスやらイワシやらがかかったくらいでした。


              釣りもほどほどに、またタープヘ戻ってビールを飲みます。

              カヤックで浮いて、釣って、あがってビール飲んで。

              これです。

              これがしたかったんです。




              みんなそれぞれ。
































              好きなように楽しみ、夜を迎え。




              バカ騒ぎ。




              夜を迎え。






              寝落ち。


              また明日。
              Calendar
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << May 2017 >>
              PR
              Selected Entries
              Categories
              Archives
              Recent Comment
              Recommend
              Links
              Profile
              Search this site.
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered by
              30days Album
              無料ブログ作成サービス JUGEM